ワードプレスの自動バックアップにおすすめプラグインUpdraftPlusの導入方法

スポンサーリンク
ブログ運営

 

今回はUpdraftPlusというプラグインを導入します。大事なブログ記事を自動バックアップして万が一のことから守ってくれる大切なプラグインです。

 

UpdraftPlusとは?

 

UpdraftPlusは自動的にバックアップ取ってくれるプラグインです。

 

UpdraftPlus以外にもバックアップで有名なプラグインはあるそうですが評判をみていると2018年4月現在はUpdraftPlusが1番優秀そうです。わたしも今このプラグインを使っています。

 

エックスサーバーの場合は自動バックアップ機能がついていますが、復旧する場合は有料なこと。

バックアップの保存先は複数あると安心なことをふまえて導入をおすすめします。

 

ちなみに自動バックアップはこのプラグインだけでいいという場合はロリポップで月額500円でワードプレスを運用することもできます。バックアップ付きワードプレスの運用で最安値。ちなみにロリポップにもプラス月額300円で自動バックアップ機能をつけることもできます。

 

UpdraftPlusの導入方法

まずはワードプレスにログインしてそこからプラグインを選択。新規追加からUpdraftPlusと入力して検索。でてきたらインストール→有効化。

 

プラグイン検索

 

有効化できたら設定からUpdraftPlusを選択。

設定画面

そしたら一度バックアップしてみます。今すぐバックアップてところをおすとこんな画面がでてきます。

バックアップ画面

両方にチェックがはいっているのを確認して今すぐバックアップをクリック。

今すぐバックアップボタン

するとこんな感じで最後のログのところにバックアップが完了しましたと表記されます。

完了ボタン

バックアップ済のタブを確認するとバックアップができたのがわかります。

こっからサイトの復元もできます。

UpdraftPlusの設定

今度は設定をしていきます。設定というより自動でバックアップする間隔を決めます。

バックアップ間隔の設定

設定のタブをクリックすると初期設定はこんな感じ。

1日ごととなっているところは自分のサイトの更新頻度に合わせます。

スケジュールされたバックアップを保持というのはバックアップしたファイルをいくつ保存するかの設定です。

ファイルの保存先の設定

私はこんなふうに設定しました。

変更できたら次は保存先の設定をします。わたしはドロップボックスを使っています。2GBまで無料で使えます。このくらいあれば十分だと思います。ただ、さっきせスケジュールされたバックアップの保持の数が多すぎると容量がたりなくなってしまうので注意。

 

青い箱のマークのドロップボックスを選択。

変更を保存

そして一番下の変更を保存をクリック。

英語リンク

そうするとこの英語のリンクが出てくるのでそこをクリック。

ログイン画面

ドロップボックスにログイン。はじめてドロップボックスを使う場合はこの画面の一番下にあるドロップボックスのアカウントを作成のところからアカウントを作成します。

連携許可

ドロップボックスとの連携を許可。

 

完了

complete set upをおして完了です

保存できているかの確認

そしたらちゃんと保存できるか確認するためにもう一度バックアップしてみます。

今すぐバックアップ

今すぐバックアップをクリック。

チェックを入れてバックアップ

すべてにチェックをいれていますぐバックアップをクリック。

バックアップ完了

バックアップが完了すると今度は左のところにちょこっとドロップボックスのマークがつきました。これで連携できています。

 

ドロップボックス

ドロップボックス側も見てみると無事できていました。

ファイル保存完了

これは最近というところに保存されていますが、ふだん保存したものを確認するにはファイル→アプリ→UpdraftPlus.comを選択したとこにあります。

 

ドロップボックスの容量の増やし方

 

ドロップボックスは2GBまで無料で、その先増やしたい場合は基本有料ですが、今回無料で容量を増やす方法がありました。ちょびっとだけですが。

古いものが消えて新しいものが増えていくので、容量は基本的には2GBで十分です。

容量獲得方法

下2つは簡単にできそうですね。

入力画面

こんな感じで少し多く容量がもらえます。

 

UpdraftPlusまとめ

 

このプラグインは必須です。万が一サイトが消えてしまったり表示できなくなってしまったらせっかく書いた記事がもったいないです…。考えただけでも恐ろしい((;゚Д゚))

バックアップをとってあれば元通りにすることができるので絶対入れておきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました