【アイデンティティ5】調香師の背景推理まとめ!【第5人格】

スポンサーリンク
アイデンティティ5

今回は調香師の背景推理をまとめました!

1.以心伝心

調香師推理1

私達には、他人が知りえない心のつながりがある。

結論

古びた写真:瓜二つの女の子が2人、手をつなぎ花畑にただずんでいる。一人はとても明るく、もう一人は気が弱そうななたたずまいだが、とても親密な様子だ。写真の右下には、2人の名前が記されている。:ウィラ・ナイエル。クロエ・ナイエル。

スポンサーリンク

2.疎外

調香師推理2

大人達は常に自分の物差しで物事を評価し比較し続ける。

結論

「クロエ?あんな香水作りしかできない変人なんて、誰も気にもとめないさ、姐のウィラは、優雅で誰にでも愛される美人だけどね。」とあるグラーズ市民の言葉。

 

3.恩恵

調香師推理3

香は大自然を物語っている。しかし、全ての人が幸運にもその共鳴を得られるわけじゃない。

結論

ウィラの日記:クロエには、調香師であれび誰もが羨む天賦の才があるのだから、もう少し自信を持つべきよ。

 

4.試み

調香師推理4

何かを作り出すということは、成功が確証されるまで、人から疎まれるものだ。

結論

手紙:自分の作品を世に送り出したいのであれば、即刻その怪しく滑稽な試みをやめるのだ。著名:グレイグ・ナイエル、家族経営店舗管理人

 

5.温もり

調香師推理5

バラを2、ビャクダンを5、ゼラニウムとカリンをそれぞれ1の割合で配合すると、姉さんの香のできあがり!

結論

ウィラがよくしてくれた記憶は、彼女にとって数少ない温もりの思い出だ。姐だけが、彼女の言葉に真剣に向き合い、他人からしたらおかしな行動に見えた実験に対しても背中を押してくれていた。

 

6.信じがたい事実

調香師推理6

本来ならこれは全て私のものよ!

結論

ニュースの切り抜き:調香師ウィラ・ナイエル頭角を現す。彼女の作り出した作品は業界内からも多大な賛辞が寄せられ、ニューオープンした香水ショップの人気はうなぎ登りだ。本来なら、喜ばしいニュースのはずだが、このきりぬきは一度破られてから、再度張り合わされた痕跡がある。

 

7.復讐

調香師推理7

悔しさと恨めしさの種に、芽吹きの雨が降り注ぐ。

結論

混迷の香と鋭いナイフを手に、彼女は今日よりウィラ・ナイエルとして生きていく。突如失踪したクロエはどうなるかって?そんな者のことなどきっと誰も気にとめないだろう。

 

8.正常軌道

調香師推理8

人に注目されるのって、こういう気持ちなのか。

結論

1枚の写真:香水ショップの前で、人々に囲まれている「ウィラ」の表情は、自信に満ちあふれ、とても優雅にみえる。その瞳には、皮肉さやそれを楽しんでいるかのような色も見受けられる。

 

9.後悔の薬

調香師推理9

世の中には正せない誤りもある。

結論

ウィラの日記:クロエの才能は、このまま埋もれさせていいものじゃないわ。色眼鏡で彼女のことを見ている奴らなんて、私が見返してやる。でも、クロエの性格じゃあ、私が彼女を表舞台に出そうとするのをよく思わないはず。どうしたら良いのかしら?

 

10.選択

調香師推理10

この世で唯一自分を心から愛してくれていた者を殺してしまい、胸が張り裂けそうなクロエ。

結論

しかし、その事実よりもさらに耐えがたいのは、殺してしまった彼女が送るべきであった生活を、自分が当たり前のように受け入れてしまっている現状だ。

 

うわさ

調香師

闇市で手に入れた神秘的な香水のレシピにインスピレーションを得て、独特の「忘却の香水」を調合した。しかし香水はまだ不完全なため、彼女はそのレシピの由来を追って荘園に来た。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました