【アイデンティティ5】泥棒クリーチャー・ピアソンの背景推理まとめ!【第五人格】

スポンサーリンク
泥棒アイデンティティ5

アイデンティティ5第五人格の泥棒クリーチャー・ピアソンの背景推理についてまとめました!

 

1.慈善

人々は善人を信頼したがる。だがら私は善人になろうとしている。

結論

「ああ、当然だ。私は慈善活動が好きだ。」

 

2.潜行

重心を低くして、歩幅を緩める。ハンターに気づかれないよう、静かに合流するんだ。

結論

クリーチャー・ピアソンは、どう見ても育ちのいい慈善家には見えず、自分の形跡を消すことに重きを置いているように見える。

 

3.秘密

時の流れの中で、永遠に守られる秘密など存在しない。

結論

孤児の日記1:「心優しい婦人が温かくて柔らかいパンをくれたけど、僕はクリーチャーが彼女の財布を盗っていくのを黙って見ていた。僕は悪い人間なんだ。」

 

4.お宝

お宝が天から降ってくるのを待つんじゃない。君のその両手で道を切り開くんだ。

結論

孤児の日記2:「クリーチャーが言うには、今夜新しい子が入ってくるらしい。無くなったのは左側だけで、ラッキーだったみたい。少し休まないといけないってヴェロニカが言っていた。そういえばヴェロニカが抱えていたシーツは、全部真っ赤に汚れてた。翌日の朝ごはんに間に合うといいけど。」

 

5.真相から逃れる

真実から真逆の方へ進む方が、俺にとって安全で心地がよいんだ。

 

結論

1枚の写真:クリーチャー・ピアソンと障害をもつ子供たちが写っている。後ろの壁には「家、幸せいっぱいの家」と書かれた壁掛けが吊るされていた。

スポンサーリンク

6.協力

街角で物乞いをするには、協力が必要だ。それはここでも同じ。

結論

1件の報道:クリーチャー・ピアソンが経営するホワイトサンド・ストリート初の孤児院が正式に運営開始される。

 

7.灯台下暗し

光だけで、影は見えない。人はいつも、華やかさの裏に隠された汚濁を知らない。

 

結論

写真:孤児院で、クリーチャー・ピアソンと祭服を着た神父が、障害を持つ子供たちの演奏の指揮をとっている。

 

8.人目を忍ぶ

それらのパペットは不気味な気配を放っており、まるでこちらを見つめているようだ。

結論

クリーチャー・ピアソンへ宛てた手紙1:精神障害を患っていると診断された孤児院の子どもたちは、教会が設立した精神病院に入院させ、一元管理するべきです。

 

9.絶体絶命からの生還

ハンターがどんどん近づいてくる。でも私は絶対に諦めない。二度と捕まったりしない。

 

結論

資料:クリーチャー・ピアソンのマグショット。左下には「窃盗」と書かれている。

 

10.新たなスタート

どんなに最悪な展開になったとしても、何とか意欲を取り戻すんだ。

 

結論

推理中

 

遠くへ逃げる

1回目の逃走成功は運が良かったからと言えるかもしれないが、私は運任せの人間じゃない。

結論

クリーチャー・ピアソンへ宛てた手紙2:賢明な選択だと思います。神はあなたの慈悲に感謝するでしょう。もちろん、政府は経済面であなたの損失を補償いたします。バイシャ・ストリートには新しい孤児院が必要です。この件はあなたに任せるのが最適だと思っています。

うわさ

推理中

スポンサーリンク

解釈

  • クリーチャー・ピアソンは孤児院を経営していた
  • (おそらく庭師の預けられていた孤児院はここ)
  • 3の孤児の日記と9の結論に窃盗の文字よりクリーチャーは泥棒をしていた

つまり表向きは慈善家に見せておいて、裏では孤児院の子どもを利用していた泥棒をしていた…?のが彼の本性なのかもしれませんね!

【アイデンティティ5】全キャラ背景推理まとめ!【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の全キャラの背景推理をまとめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました