秋の味覚!スーパーで新鮮食材の見分け方!戻りカツオは食べなきゃ損!

スポンサーリンク
ライフハック

食材の秋がやってまいりました!

フルーツやさつまいも、旬の魚などが美味しい季節です。

ということで今回はスーパーで食材を選ぶときにより新鮮でおいしい商品の選びかたについてです!

美味しい食材の選び方

りんご

りんご切れ目

りんごって基本的にはきれいなものとかツヤツヤしてるのを選びますよね?それでも間違いではないんですが、よりミツの詰まった甘いりんごが食べたいのならヘタの部分に切れ目が入っているりんごがおすすめです。

なぜヘタに切れ目が入ってるものがいいかというと中身に栄養がたっぷり詰まっているりんごはその皮が成長に追いつかないから割れてしまうからなんです。

見た目的には避けてしまいそうな切れ目のあるりんごでもより甘いりんごなんだと分かればみつけたらラッキーですね!

柿

柿って美味しいですよね。クセがなく甘いので好きな人も多いと思います。さらに柿は栄養豊富で美肌や疲労回復にも効果的なんですね。

そんな美味しい柿の見極め方はヘタがしっかりとしていて、ちゃんと柿にくっついているものです。

さつまいも

秋の味覚の代表ともいえるさつまいも!

さつまいもはいくつか種類がありますが紅あずまや紅はるかが有名でスーパーでも手に入りやすいですよね。

 

さつまいもは品種によって焼き芋にした時に食感が変わります。

紅あずまは焼き芋にするとほろほろ、ほくほくっとした食感になります。逆に紅はるかはねっとり、しっとり系の焼き芋になります。

 

皆さんはどちらが好きですか?ちなみに私は断然しっとり系が好きです!

そして豆知識なんですが紅はるかの名前の由来は紅あずまより「はるかにおいしい」からという理由で名付けられたそうですよ。

 

そしておいしいさつまいもの見分け方ですが、太くてどっしりしたものより細めの変形したものの方がおいしいんです。

どっしりさつまいも

こういうどっしりして形がきれなものよりも

細めのさつまいも

こういう細めのちょっと変形しているものの方がストレスがかかって育ったのでより栄養を蓄えよう、とした結果甘くておいしいさつまいもになるんです!

スポンサーリンク

カツオ

カツオ

秋はカツオが旬の季節です。春先に取れる初カツオに対して今のカツオは戻りカツオと呼ばれます。

戻りカツオは初カツオより栄養が豊富でDHAやEPAもたくさん含まれています。

最近スーパーでもお魚コーナーに行くとカツオが特につやつやに光っていているのがわかります。

 

ではカツオのおいしい見分け方!

それはさくの状態で身がきれいなピンク色をしているカツオを選ぶことです。

さくというのは頭や皮などはきれいに処理してくれてあるけれど1枚1枚にはまだ切り分けていない状態のことです。

切り分けられていると酸化がはやいので鮮度が落ちてしまいます。

そしてもう一つ重要なのが自分の手にとって色を確認することです。

スーパーのライトは商品を良く見せる効果があるのでライトに当たったままなだと中々区別できません。

カツオは鮮度が悪くなってくると緑色っぽくなってきますが、ライトの下にあると緑色ぽいものでもピンクに見えます。

 

せっかくなら新鮮なものを食べたいですよね。

なので

  • さくの状態のカツオ
  • 新鮮なものはピンク色
  • 自分の手にとってみてライトから外して見ること

の3つに気をつけて選んで下さい。

 

カツオのおいしい食べ方

ここで新鮮なカツオをもっと美味しく食べる方法もご紹介します。

普段カツオを食べるときは何を付けて食べていますか?おそらく醤油が一般的ではないかなと思います。

 

実はカツオにつけて食べるとおいしい調味料はマヨネーズなんです!

以外に思われるかもしれませんが、マヨネーズによってカツオの臭みが減ってコクが増しておいしいんです。

マヨネーズが食べられないという人は今まで通り好きな調味料でいいんですが、もしマヨネーズ好きだよって方がいたらぜひカツオ➕マヨネーズで食べてみて下さい!この方法は漁師がイチオシする食べ方です。

しかも栄養学的に見てもカツオにマヨネーズは理にかなっているんですね。マヨネーズに含まれるレシチンという物質がDHAの吸収をアップさせてくれます。

マヨネーズ単体でもいいし、マヨネーズと七味を合わせてもいいし、マヨネーズと醤油を組み合わせたりしてもおいしいですよ!

 

薬味はにんにくやスライスしたたまねぎがおすすめです。カツオのタンパク質は吸収されにくいんですが、これらと食べると吸収しやすくなります。

フライパンで簡単!カツオのたたきの作り方!

周りを焼いたカツオのたたきは栄養を逃がさないため栄養満点です。野菜でも魚でもなんでもそうですが、皮と身の間に栄養がたくさんあるんです。

作り方は簡単!

  1. カツオの皮目に日本酒を吹きかけ塩をまぶします。
  2. フライパンに油をひかずに30秒ずつ面を焼きます。
  3. その後冷凍庫で15分冷やします。

これだけで皮がパリッとしたおいしいカツオのたたきが作れます!

 

最後にカツオっておいしいですけどそんなにたくさん食べれないので余ってしまいやすいですよね。そんなときは漬けにすると2日ほど保存可能になります。

漬けの材料は基本は醤油砂糖みりんですが、すき焼きのたれにもバランスよくこれらが含まれているのですき焼きのたれだけで漬けてもokです。

スポンサーリンク

美味しい食材の選び方まとめ

いかがでしたでしょうか?

りんご→ヘタのところに切れ目があるもの

柿→中身とヘタがしっかりと付いているもの

さつまいも→細めの変形したもの

カツオ→さくできれいなピンク色をしたもの

食欲の秋はぜひ秋のおいしい味覚をいただいちゃいましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました