【アイデンティティ5】復讐者レオの背景推理まとめ!【第五人格】

スポンサーリンク
復讐者アイデンティティ5

アイデンティティ5第5人格のハンターレオ(復讐者)の背景推理をまとめました!

怒りの炎

公益精神を復讐と憎悪に捻じ曲げた。これこそ怒りの原罪だ。

結論

秘話1:1枚の古い処方箋に火傷の処置方法が記載されていた。「火傷表面は空気との接触を避けるため、油(灯油・サラダ油またはバター)を傷の表面に塗り、小麦粉・石膏または粉末状にした木炭を均等に振りかけ、毎日重ねていく。2週間は傷を拭かず、入浴を避ける。」

 

執着

ハンターの役目とは、この人たちを然るべき場所に連れていくことだ。

結論

レオ・ベイカーはいつも自分の目標を追いかけていた。

 

追跡

標的が隙を見せるのをひたすら待つのもひとつの方法だが、優秀なハンターは、時に自ら攻める。

結論

秘話2:火災の後、残った建物の中で燃えた後と衣服の切れ端が見つかった。壁には一行の文字が残されていた:お前らを探し出してやる。

 

怒りのはけ口

胸中の怒りが抑えきれない時は、発散する方法が必要だ。

結論

レオ・ベイカーは怒りで胸がいっぱいだ。彼に会わないよう祈っておいたほうがいい。

 

鬼ごっこ

追跡と逃走は、時に長い道となる。

結論

レオ・ベイカーはハンターという退屈な職業の中で、楽しみを見つけた。

スポンサーリンク

懲罰

法律事務所で与えられた権限以外で、他人に罰を与えたいという意欲も怒りと呼ぶ。

結論

「花火みたいで、昔の思い出が蘇ったよ。」

 

意表を突く

生活は時にサプライズが必要になる。それはゲームも同じ。

結論

レオ・ベイカーの行動はより俊敏になり、恐ろしくなったようだ。

 

不意を打つ

集中力とはかなり優れた特性だ。少なくともハンターにとってはそうだろう。

結論

秘話3:独特な形状の鎌。誰のものかは分からない。

 

止められる者はいない

怒りが頂点に達した時、君を止められるものなんてないだろう?

結論

これらの木の板は簡単に破壊されるが、ハンターの足止めにはもってこいだ。

 

徘徊者

お前らを探し出してやる。

結論

推理中

 

うわさ

推理中

スポンサーリンク

解釈

  • 弁護士の背景推理にも出てきたレオ・ベイカーのいう名前
  • ハンターのレオ(復讐者)はレオ・ベイカーである

弁護士とレオだけを見てみるとサバイバーは加害者、ハンターは被害者だったことがわかります。

このゲームの全体像はまだまだ謎ですが荘園では被害者の無念を晴らすために作られたのかもしれませんね!

【アイデンティティ5】弁護士フレディ・ライリーの背景推理まとめ!【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の弁護士フレディ・ライリーの推理背景をまとめました!ぜひご覧ください。

庭師人形

【アイデンティティ5】庭師エマ・ウッズの背景推理まとめ!【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の庭師の背景推理をまとめました!ぜひご覧ください!
【アイデンティティ5】全キャラ背景推理まとめ!【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の全キャラの背景推理をまとめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました