映画ポケットモンスターみんなの物語【レビュー・感想】

スポンサーリンク
映画

今回は映画ポケットモンスターみんなの物語を見たのでそのレビューをしたいと思います!

ネタバレが含まれるのでご注意下さいm(_ _)m

ポケモンみんなの物語レビュー

ポケモンの映画は全て見ている私ですが、ここ数年は新しい伝説が出て暴れてーーみたいな感じでネタ切れ感が否めませんでした。

 

ですが、今回の映画はむしろ伝説がサブで人間とポケモンの絆が強く焦点に当たっていて想像していたよりも面白かったです。

他にも目が潤むようなシーンがいくつかあって感動できました。

スポンサーリンク

良かったところ

それぞれにコンプレックスがある

リサ

タイトルにみんなの物語と入っているだけあって、今回はサトシだけでなく複数の人物に焦点が当たります。

 

足が速いけど怪我の恐怖で走れなくなった女の子や演説が苦手な臆病な科学者、ウソばかりつくおじさん、なぜかポケモンを避けるおばあさんなどそれぞれにコンプレックスや心のつっかえがあります。

 

それをポケモンと一緒に克服していく物語がすごく感動します。

 

目がうるっとくるシーンもあって決して子ども騙しではありません。大人も楽しめます。

 

出てくるポケモンが懐かしい

みんなの物語は登場するポケモンが伝説を除いて初代か金銀のポケモンだけです。

ピカチュウはもちろん、イーブイやウソッキー、ゴマゾウやチコリータなど懐かしいポケモンばかりです。

 

特に私は金銀が1番好きな世代だったのでほっこりしました。

 

事件がポケモンの暴走ではなく人間中心なところ

スポンサーリンク

最初にも言った通りポケモン映画は伝説が出てきてそれが暴走してそれを静めるが定番だったのですが、今回は事件の中心が人間です。

 

それにより内容に親近感が湧きやすくて良かったです。

いつもと違ったポケモンの雰囲気が楽しめました。

 

気になったところ

サトシがかわいすぎ

かわいいサトシ

これは結構映画の放映前からも話題だったことですが、サトシが完全に女の子で違和感あります。

個人的には頼りがいがなくてちょっとなぁ〜と感じました。

XYサトシ

サトシはやっぱりXYのサトシが好みです!

 

ルギアが小さい

ルギア

今回ルギアが出てくるとのことでルギア爆誕みたいなのを想像していたので、あまりの出番の少なさに拍子抜けしました。

 

あとものすごく小さくてリザードン?と思いました。もう少し迫力あっても良かったかなぁ〜と。

 

見どころ

ウソッキーとおじさんのシーン

嘘をつき続けたおじさんとウソッキーのコンビが最高です。

 

出会いから仲間になるまでは特に感動します。サトシとピカチュウ並みの友情を感じます。

 

おばあさんがポケモンを避ける理由

おばあさんがポケモンの甘い蜜から作られた薬を浴びてしまい、ポケモンが次々に寄ってきます。

 

でも頑なに嫌がるおばあさん。

その理由はぜひ映画で見て欲しいです。

ポケモンがそばにいればなんでも出来る

サトシ「ポケモンがそばにいればなんでも出来る気がしてこないか?」

ポケモンがいるからこそ人間は頑張れる

 

リリィ「ポケモンもそう感じてくれていたら嬉しいな。」

ポケモンも人間がいるから頑張れる

 

そんな感動を感じさせてくれた作品でした。

スポンサーリンク

まとめ

総合評価としては、水の都の守り神など昔の映画の方が面白くはあるけど、今回はコンプレックスの解決×感動で趣向が違っていて思っていたより楽しめました!

 

映画
スポンサーリンク
シェアありがとう!
ちゃきをフォローする!
この記事を書いた人
ちゃき

ゲーム攻略書いてます!今はポケモンソードシールド(・∀・)

ちゃきをフォローする!
ちゃきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました