【アイデンティティ5 】調香師おすすめスキル(内在人格)まとめ!【第5人格】

スポンサーリンク
調香師アイデンティティ5

アイデンティティ5 第5人格で新サバイバー調香師が実装されました!

今回は調香師のスキル(内在人格)を何にしようか迷ってる人向けにおすすめの振り方をご紹介します。

調香師おすすめスキル(内在人格)

初心者向け(蜂〜鹿):ハンターから逃げやすくする型

おすすめスキル

このスキル振りはハンターからの逃げやすさを意識した型です。ハンターに捕まらないことで自分の解読のしやすさ、味方の救助負担を減らします。

詳しく見ていきます。

板スキル

このスキルは板を乗り越えたあとダッシュ速度が3秒間50%上昇します。

クールタイムはマックス40秒。

板を乗り越えるシーンはそう多くはないものの、乗り越えたあとの加速効果でハンターとの距離を離すことができます。

窓スキル

チェイスの時の要ともいえる割れ窓理論。こちらは先程の板の窓バージョンです。

窓を乗り越えると3秒間移動速度が50%アップします。クールタイム40秒。

ハンターから追われている時に最も役に立つスキルです。窓を乗り越えたあとの加速が強いです。

起死回生スキル

起死回生スキル:ダウン状態になったあと一度だけ自分で負傷状態まで復活できます。

本来はダウンになったあとは味方に治療してもらわないと復活できませんが、このスキルによりそれが可能になります。

このスキルは毎試合使う場面にはなりにくいですが、3試合中1試合は欲しくなる時があるので振っています。

このスキルを発動させるときはハンターが近くにいない時に使いましょう。視界内にハンターがいる時に使ってもすぐまたやられてしまいます。

例えば、近くにロケットチェアが無いようなときにハンターがそのまま地面に放置して他のサバイバーを探しに行った時などに使うとうまく復活できます。

雲の中で散歩スキル

雲の中で散歩は足跡の持続時間がマックス2秒減少します。

このスキルがあることで1度ハンターから攻撃をもらったあとの加速で逃げやすくなります。他にも先ほどの板窓スキルの加速でも逃げやすくなります。

癒合スキル

癒合スキルは負傷状態の治療速度が20%減少します。調香師は外在特質のデメリットとして負傷状態の治療時間が30%増えるのでそのデメリットを低減させます。

忘却の香水が発動できれば負傷しても体力は回復できますが香水は3回までしか使えないのと香水が発動できない時もあるのでそういう時のために味方が治療する時間を減らします。

特に長期戦のときは治療時間が重要になってきます。

箱スキル

残りは右に振ります。箱を取ることで香水を使い切ったあと箱を探しやすくなります。銃が手に入ればラッキー!

スポンサーリンク

初心者向け:チェイス兼味方サポート型

おすすめスキル

基本のチェイスのはそのままに上に振ることで味方が負傷した時に治療してあげることができます。

傍観者スキル

この傍観者のスキルは味方を治療する時の速度が20%上昇かつ負傷したサバイバーの位置がわかります。

味方がハンターに追われている最中はしょうがないですが味方がハンターを振り切ったあとに治療してあげることができればチーム全体の生存力が高まります。

機械精通スキル

あとは調香師の外在特質のデメリットである調整を失敗すると暗号解読の進度が大きく戻ってしまうのでそれを少しでも防ぐための機械精通です。

 

中級者向け(マンモス〜勇士):板窓中治り型

おすすめスキル

ランク帯のマンモス以上では中治り必須の風潮があります。

というのも危機一髪からの中治りが強いからなんですね。もしくはダウンしていてもタイミングよくゲートが開けばダウンから負傷になるだけでも強いです。

なので基本マンモス以上では中治り前提で解読や救助が進められます。

逆に鹿までのランク帯ではその意図がなかなか伝わらない場面が多いのでムダになってしまうことが多いです。そのためマンモス以上でのおすすめスキルとしました。

中治りスキル

中治りはゲートが開くと健康状態が一段回復します。負傷ならば体力マックス。ダウン状態なら負傷状態になります。さらに5秒間ダッシュ速度50%アップ付きです。

 

ゲートが開いたときに4人が生きていないと勝ちが難しいです。逆にゲートが開く前に誰かが捕まっていれば無理やり救助しに行って(危機一髪持ちが理想)そのままゲートを開いて中治りが発動すれば1人は追われるとしてもその他の3人は安全にゲート解読をすることができます。

 

ただ、マンモス以上でもこういう考えが浸透してないこともあるのでもっと広まればいいなと思いますね!

 

1つデメリットがあるとすればハンターがノーワンだった場合は負傷から全快しても意味が無いことですね。

しかしそれでも加速がついてるので多少は時間を稼ぐことができます。

少しでも時間を稼ぐことで他の味方がゲートから脱出しやすくなります。

 

あとは鹿までのランクならノーワンをつけてるハンターが多いですが、上に行くほどノーワンをつけていないハンターも結構います。

特にピエロの場合は傲慢と窓閉鎖が多いイメージです。ノーワンでない場合は余計に中治りが生きてきます。

芸者やレオの場合は傲慢に振る必要がないのでほとんどノーワン持ちだと思うので注意してください。

逃避スキル

他にも右に振ることで逃避も取ることができます。中治りの加速と合わせれば一瞬かなり早くなります。

なのでゲートが開いたあと巻きやすいもしくは時間稼ぎができます。

寒気スキル

あとはチェイス時にあると案外便利な寒気。ハンターの方向を矢印で知らせてくれます。

受難スキル

そしてロケットチェアに捕まった後役に立つ受難スキルです。他のサバイバー同士が見えるようになるため連携が取りやすくなります。

私は普段このスキル振りを使っています。

おすすめスキル

もしくは救助に行くことに回るのが多いのなら中治りを危機一髪にするのもありです。私も何度か危機一髪が欲しいと思うことがあるので、ここは中治りとの選択ですね。

スポンサーリンク

上級者向け:危機一髪中治り型

おすすめスキル

これは完全に上級者向けです。板窓無し型です。板窓を振らない代わりに先ほどもお話しした危機一髪に振ることができます。

危機一髪スキル

危機一髪は味方をチェア救出すると自分とその仲間が20秒間無敵時間に入ります。無敵といっても体力マックスから負傷状態にはなりますが、負傷状態からダウンにはこの効果中はなりません。

この間に中治りが発動すればめちゃくちゃ強いです。

火中の栗スキル

余りは救助の際役に立つ火中の栗ですね。救出する時の速度が40%上昇します。

 

このスキル振りは危機一髪と中治りで理想的ではあるんですが、やはり板窓の加速がないのでチェイスには弱くなりますね。

そこは3回の香水と板窓低下の特質がないということでなんとか逃げ切ってほしいです。

 

ですがどうしても板窓がないことによって捕まりやすくなってしまう場合は味方への負担が増えてしまうのでやはり1つ前の板窓と中治りにするのがおすすめです!

 

調香師おすすめスキルまとめ

いかがでしたでしょうか?

香水の効果は決まればチート級の調香師です。

そんな調香師のスキル(内在人格)が参考になればと思います( ´ ▽ ` )ノ

【アイデンティティ5 】調香師の特質と立ち回りのコツまとめ!【第5人格】
アイデンティティ5 第5人格の新サバイバー調香師の特質と立ち回りのコツについてまとめました!どうぞご覧ください!
【アイデンティティ5】サバイバーおすすめスキル(内在人格)【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の各サバイバーのおすすめスキル(内在人格)をまとめました。鉄板のものから意表をつくような型などぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました