【アイデンティティ5】オフェンス背景推理まとめ!【第5人格】

スポンサーリンク
オフェンスアイデンティティ5

アイデンティティ5第5人格のオフェンスの背景推理をまとめました!

めぐり合わせ

運命っていうのはチャンスの影みたいなものだ。

結論

1枚の写真:ラグビースクール時代のウィリアム・エリス。サッカーチームでの記念写真。

 

ケガの功名

どのボタンを押したらいいんだ?

 

結論

彼らをどうすればいいか分からない時は力で叩いてやれ!機械なんていずれは動くものだ。

 

タッチダウン

インゴールはゲートの後ろじゃないかなって思う。

 

結論

攻撃側の選手が、相手側のゴールライン内の地面にボールを接地させればタッチダウンで5点入る。

 

ラグビー連合会

スポーツ連盟がプレイヤーに対して「アマチュアリズム」を強調してきたら、現実的な生活も考えないといけない。

 

結論

1枚の写真:若かりし頃のウィリアム・エリス。仲間が去っていく後ろ姿を見つめている。

 

チームワーク

ラグビーと一緒で、このゲームにもチームワークが必要だ。

 

結論

うん…時に濃縮したものの方が真髄ってこと?

 

ルール違反

グラウンドに立つ俺たちがどんな感じか、知っているだろう?

 

結論

1枚の写真:ボールを持ち前へ駆けるウィリアム・エリス。

 

オフェンスのプライド

まあ、そんなに難しいことじゃないと思うよ?

スポンサーリンク

結論

突撃する時、通常は体格のいいフォワードが前方で道を作る。

 

ブラインドサイドアタック

ライバルを2度と立ち上がれなくしてやるんだ!

 

結論

1枚の写真:ウィリアム・エリスは脚を抱えて倒れているプレイヤーの近くに立っている。

 

秘密

誰もが秘密を持っている。だが他人の秘密を知ることは必ずしもいいこととは限らない。

 

結論

1篇の日記:マジックショーなんてみなきゃよかった。あの鎖に何か仕掛けてた人…彼は私が見えただろうか?

 

引退

人生は残酷だよ。時に1番好きなものを諦めないといけないからね。

 

結論

誰も俺のことを覚えてなんかいない。「ああ、あのボールを持って走る男の子ね。」としか言わないだろう。でも、このウィリアム・ウェッブ・エリスこそがこのスポーツの発明者だ!

 

うわさ

オフェンスうわさ

ラグビーが注目を集める中、この新しいスポーツの創始者を自認するウィリアム・エリスのことは忘れられつつあるエウリュディケ荘園の主人は、そんな彼に救いの手を差し伸べてくれるかもしれない。

スポンサーリンク

解釈

  • 叩けば治るという精神の筋肉バカ
  • 仲間が去るほどの性格
  • ラグビーの試合でライバルを負傷させた(タックル大学…?)
  • 急なマジックショーの記載、マジシャンとの関わりあり…?
  • オフェンスはラグビーというスポーツの創始者

 

【アイデンティティ5】マジシャン背景推理まとめ!【第5人格】
アイデンティティ5第5人格のマジシャンの背景推理をまとめました!どうぞご覧ください!

 

【アイデンティティ5】全キャラ背景推理まとめ!【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の全キャラの背景推理をまとめました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました