本庶佑先生ノーベル医学賞おめでとうございます!

スポンサーリンク
ライフハック

少し遅くなってしまいましたが京都大学の本庶佑(ほんじょたすく)先生ノーベル医学賞おめでとうございます!共同研究をしていたジェームズアリソン先生もおめでとうございます!

免疫システムのブレーキの仕組みを解明!

お2人はがんの治療とくに免疫療法について新たな道を確立してくださいました。本来はがんの治療法というのは手術でがん細胞を取り除いたり、抗がん剤を使用したり、放射線ををがん細胞に当てるといった方法が一般的でした。

私の家族ががん治療した時もこれらを全て使った複合治療でした。

それが第4の道が開かれました。今や高齢者の2人に1人ががんになるというわれているこの時代です。

そんな時代に医学が大きく進歩したことをとても嬉しく思います!

 

具体的にどんな研究結果なのかというとpd-1はタンパク質の発見です。ふだん免疫細胞はがん細胞を見つけると攻撃して倒してくれるはずなんですが、それを利用したがん細胞が「僕は正常な細胞だよ」という指令を出すと免疫細胞は攻撃をやめてしまっていたんです。

けれどもこのpd-1というタンパク質がその攻撃をやめるようにいうブレーキを解除し、攻撃をできるようにしてくれます。

これを応用した薬が開発され現在ではすでに使用されていて効果があると言われています。すごいですよね。

 

ただメリットだけではなくデメリットもあるそうなので簡単にまとめてみました。

メリット

  • 皮膚ガン、肺がん、腎臓がんに効果が期待できる
  • 末期がんに効果があった事例もあり

デメリット

  • 関節の腫れが見られる
  • 値段が高い

以前は一回の薬で70万ほどだそうです。ですがだんだん安くなってきていて現在では28万ほどです。さらに高額医療制度を使えば数万円で使用できるそうです!

 

スポンサーリンク

まとめ

インタビューで本庶先生は科学は多数ではなく、少数派から新しい発見が生まれるということや研究者に必要なことは教科書をまず疑ってみることが大切とおっしゃっていました。

これからの若い世代にもいつかノーベル医学賞を受賞してくれるような人がたくさん出てきてくれると嬉しいですね。私はおめでとうやありがとうしかゆうことができませんが、これからもっと病気の人に役に立つようなものが出てきてほしいですね!

ノーベル医学賞本当におめでとうございます!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました