【アイデンティティ5】傭兵の背景推理まとめ!【第5人格】

スポンサーリンク
傭兵アイデンティティ5

アイデンティティ5の傭兵の背景推理をまとめました!

 

新兵の入隊

それは始まりでもあり、終わりでもある。

結論

1枚の写真:グルカの伝統服を着た婦人と若い傭兵が徴兵所に立っている。左下には「母」と書かれている。

 

兵士の暮らし

もし人生がプレゼントを詰め込んだ宝箱だったとしたら、兵士の箱には何が入っているのだろうか?

結論

1枚の写真:傭兵と相棒が倉庫の前で武器を選んでいる。マシェットを持った2人は嬉しそうな様子だ。

 

撹乱戦術

認めたくはないが、戦地で学んだスキルは今でもしっかり心得ている。

結論

絶えず行動・警戒・懐疑すること。遊撃サバイバルの際には、この3つを決して忘れてはいけない。

 

潜行

光に向かって、暗闇の中を進むんだ。音を立てないように。

結論

俺の相棒はもう足を洗ったのに、俺はいまだに激しい弾丸が飛び交う中にいる。もしこれが人生だというのなら、出口はいったいどこにあるんだ?

スポンサーリンク

協力

仲間は大切だ。このことだけは何があっても忘れてはいけない。

結論

1枚の写真:傭兵が仲間の援護で包囲を突破した。

 

救援に馳せる

俺たちは正確な時間に、正確な事をやり遂げなければならない。

結論

1枚の写真:傭兵は生死不明の相棒を背負っている。

 

一発成功

射撃の機会はたった一度。

結論

1枚の写真:傭兵が小銃で遠くにいる敵軍の将校を狙っている。

 

実用重視

俺たちは任務の進歩状況だけを見ればいいんだ。どのようにやり遂げるか?それはお前の問題だ。

結論

グルカ兵の給料は、イギリス軍人よりもかなり低い。しかし自由傭兵になれば、状況は変わる。

 

同法

どんな人と協力するかは選択できない。だからすべてを受け入れろ。

結論

お前は彼らが救い出されても、また立ち向かっていくことを知っているだろう?

 

撤退

粘って退いても、どちらにしろ悲しいものだ。

結論

1枚の写真:傭兵がひどく破損した肘当てを手に取り、何かを思い出しているようである。

 

情勢を鑑みる

優秀な傭兵は、いかにして脱出するかを心得ている。

結論

1篇の日記:グルカナイフは仲間に向けるべきではない。俺はここから離れる必要がある。

 

うわさ

傭兵うわさ

退役した一傭兵として、ナワーフ・サベダーは銃弾の降り注ぐ生活に慣れていた。この危険なゲームは、彼に戦場と同じような体験をさせてくれるかもしれない。

スポンサーリンク

解釈

  • 兵士であった
  • 相棒がいたこと
  • 兵士を辞めるために相棒を◯した…?

相棒が生死不明になったのは兵士だった時の戦争によるものかもしれませんが、いままでサバイバーは何かしら闇があったので傭兵が仲間を手にかけたという結論かなと思いました!

でもこれは私の推測でしかないのでこっちの考えの方がスッキリするよというものがあれば教えていただければと思います( ´ ▽ ` )

 

追加:コメントありがとうございます!私の解釈よりわかりやすく書いてくださった方がいたのでぜひコメントも参照してみてください!

 

 

 

【アイデンティティ5】全キャラ背景推理まとめ!【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の全キャラの背景推理をまとめました!

コメント

  1. 復讐者推しの人 より:

    自由傭兵になれば状況は変わるという事からグルカをやめ自由傭兵になったのだと考えました。そして協力するものは選べない、また立ち向かってくる事を知っているという事からグルカの敵軍として戦うことになったんだと予想。肘当てを眺めてるのは自分がグルカ兵だった頃を懐かしんでいるのだと思います。そしてグルカナイフは仲間に向けるべきではない、つまりかつての同胞と戦うことが嫌になり傭兵を引退することを決意し、その後荘園へとという流れなのですかね?

  2. ちゃきちゃき より:

    なるほど!たしかにもともと傭兵はグルカ兵でありその後自由傭兵になったと考えればつじつまが合う気がしますね!
    自由傭兵になったために以前の同胞であるグルカ兵と戦うことがイヤになった…
    難しい背景推理だったのにここまでスッキリと納得のいく考察をしてくれてありがとうございます助かりました!

タイトルとURLをコピーしました