古くなった記事を蘇らしてアクセスアップするための記事のリライト方法

スポンサーリンク
アクセスアップ

 

リライトしたほうがいいって聞くけど具体的にどうしたらいいんだろう?ブログの記事を新しく書くばっかで全然リライトについてわからない!

 

こんな疑問に答えます。

 

リライトの大切さ

 

まずなぜリライトが大切なのかわかりますか?

答えは読まれない記事はずっと読まれないままだからです。

 

せっかく労力と時間を割いて書いた記事が2pvとかだったら嬉しくもないしお金にもなりませんよね。

 

読まれない記事=読者の知りたいことが書かれていない記事です。

検索されない内容・需要のない記事は書いてはいけない

そもそも検索されない内容や需要のない記事を書いてる場合は別ですが。こういった記事は書いてはいけません。

 

キーワードツールを使って検索されているキーワードの中からキーワードを選んで記事を書くようにします。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

 

このツールが有名です。私もこれを使って記事を書いています。

詳しくはこの記事の【キーワードを選定してそのキーワードをタイトル・見出し・記事中に入れながら書く】の欄をご覧ください。

初心者がブログのアクセスを増やすためにやるべき9つのこと
この記事ではアクセスを増やす、アクセスアップに効果的な方法をまとめました。この記事に書いてあることを意識して記事を書き続ければ自然とアクセスが伸びてくるはずです。ぜひご覧ください。

需要があるのに読まれない記事の対処法

 

そしてここからが本題です。

需要があるのに読まれないということは記事の中身が不十分なのです。わかりづらい文章だったり知りたいことが書かれていなかったりしています。

 

読まれない記事の多いサイトは検索エンジンからの評価が悪くなりサイト全体の記事に影響するのでなるべく少ないほうがいいです。

読まれない記事の対処法は3つです。

  • 非公開
  • 削除
  • リライト

 

非公開

非公開は文字通り自分以外その記事を見られなくすることです。リライトがしづらいような内容だったり時間をかけたので削除したくないような記事の場合はとりあえず非公開にしておきましょう。

のちのちリライトしたりなにか別の記事を書くときに役立つかもしれません。

削除

削除は文字数が明らかに少ないような記事に対して行いましょう。例えば500文字とかは少なすぎます。

 

読者のためにやり方やポイント、メリットデメリットや私目線の感想などを書いていくと500文字以内になることはありません。

 

目安ですが、1000文字以下だと少ないですね。これ以下の文字数の記事は削除してしまいましょう。もしくは同じ話題やカテゴリなら1つの記事にまとめるのも有効です。

 

リライト

リライトとは記事の書き直しをすることです。

リライトすることによって読まれていなかった記事が読まれるようになったりアクセスが増えたりする可能性があります。

 

一度書いているものなので、ゼロから書き始めるより労力もかからない上にSEO効果も高められます。

 

具体的に書き直すポイントは以下の通りです。

 

効果的なリライトの方法

 

タイトルの変更

タイトルは大切です。

記事が読む読まれないはタイトルが9割関わっています。

 

もちろん中身もタイトルにあっていることが必要ですが、中身がいいものでも人はその記事を読む読まないをタイトルで決めています。

 

タイトルにキーワードを入れるように意識します。

アウトラインがしっかりできているか

導入分

 

見出し

本文

 

見出し

本文

 

見出し

本文

 

まとめ

文章

 

こういう構成で書くのがおすすめです。記事も書きやすく読んでる人にもわかりやすい。有名なブロガーさんのブログを読んでるとだいたいこういう構成になってます。

 

 

導入分にはタイトルを見て読むの決めてくれた人が次に読むところです。ここには記事の概要や共感を得るような書き出しをして本文に読み進めてくれるように自然に誘導します。

ダイエットをはじめてもなかなか長続きせず挫折してしまいませんか?

そんなときはこうゆう方法やなになにな考え方をすれば長くつづけられて5キロダイエットがすることができます!

 

見出しに言いたいことを一つ。そしてそれを本文のところで解説します。

 

最後にまとめのようにこの記事のポイントを箇条書きしたりこれを実践したらどうなるかを書きます。

 

必要な情報の追記

必要な情報の追記をします。

ここにはこういう説明があったほうがわかりやすいや自分が狙っている同じキーワードで上位表示されてる他の人の記事を読んで、自分の視点にはなかったことなどがあれば書き足します。

そのままコピペするのは避けましょう。

 

不要な情報の削除

時間が立って見直してみるとこの情報はいらないや古くなった情報は削除します。文字を消すもしくは文字を残したままこのように打ち消し線を使う。

 

打ち消し線を使うと以前サイトを見に来てくれた方がまた見に来てくれたときに親切です。

文字の装飾

文字の装飾は大事そうなところを太字にしたりマーカーを引いたり下線を引いて見やすくすることです。黒一色がズラズラあるより読みやすくなります。

 

 

内部リンクを貼る

内部リンクとは

過去に書いたAという記事があったとします。そのA記事が今回描いたCという記事に関連している場合はAの記事にCの記事をのっける、もしくはCの記事にAの記事をのっけることを内部リンクするといいます。

内部リンクは効果的です。

1つの記事を読んだあとそのまま終わるよりその記事に関連する2つ目の記事を読んでもらうことで単純にPV数が2倍になるからです。

その他SEOにも効果的といわれています。

記事の途中や記事の下に関連する記事を内部リンクしておきましょう。

 

 

アクセスアップするためのリライト方法まとめ

リライトの重要性とリライトの方法がわかっていただけたと思います。あとは実際にリライトしていくだけです。

お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました