【アイデンティティ5】芸者美智子の背景推理まとめ!【第5人格】

スポンサーリンク
アイデンティティ5

今回は芸者の背景推理をまとめました!

1.故郷

推理1

ここは、ご先祖様の終着点であり、私達の始まりの地。

結論

日記の1ページ:置屋に入る時、私はそこを眠り続ける街と呼んでいた。深夜の街は、深い眠りに包まれ、動いているものはとても目についた。

スポンサーリンク

2.置屋

推理2

嵐の流れに身を任せる浮き草のようなこの身。どうして風を恐れるものか。

結論

1枚の写真:年若い女の子が花魁の伴奏のため三味線を弾いている。

 

3.芽生え

推理3

いつの日か、お前も喜びと悲しみを運んでくれる彼の人に会うであろう。

結論

1枚の写真:お座敷で端正な顔立ちの若者が酒を飲みながら虹色の和服に身を包んだ若き芸者の舞いを堪能している。

 

4.旦那

推理4

夏虫の如く愚かで、己の命をも惜しまず火に飛び入る。

結論

2枚の乗船券:古いもののようだが、保存状態がいい。

 

5.臆病

推理5

ここは、まったくの見知らぬ国。女性たちは、派手な帽子を身に着けている。

結論

帽子飾り:6インチほどある美しい蝶の帽子飾り。その先端はとても尖っている。

 

6.暗雲

推理6

彼が遠出をすることになり、記念に一緒に写真を撮ることにした。

結論

1枚の写真:和服を着た若い女性とその夫が、暗い表情をしている老人の後ろにたたずむ。写真の後ろには「人を不愉快にさせる女」と書かれている。

 

7.寒気

推理7

人の心は、他人には変えられない。

結論

とある電報:妻駆け落ち、すぐ戻れ。父

 

8.恋愛

推理8

貴方の枕元を行き交う、その思いは断ち切れるものではない。

結論

1枚の写真:憔悴しきった青年が街角で、尋ね人のビラ貼り付けている。ビラには恥ずかしそうに映っている者の写真が印刷されている。

 

9.怨念

推理9

思いを断ち切れず、その気持ちは恨みに変わる。

結論

日記の1ページ:あの人は、本当にこのこと知らないのか?いや、あの帽子飾りは…きっと知っているはず。知っていなければおかしいはず。

 

10.再生

推理10

全てを忘れるとは簡単に言うけれど、心に巣くう鬼を追い出したところで人として再び生きていくことはできない。

結論

しかし、消え去るまで、一体どこにいるべきなのだろうか?

うわさ

芸者うわさ

美智子はかつて、素晴らしい芸者だった。赤い着物を着た彼女がひらひら舞うと、それはまるで羽根を広げた赤い蝶のようだった。しかし今となっては、彼女の舞を直視する勇気のある者はいない。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました