【アイデンティティ5】冒険家の背景推理まとめ!【第5人格】

スポンサーリンク
冒険家アイデンティティ5

アイデンティティ5の冒険家の背景推理をまとめました!

 

宝探し

おっと、ここは大きなドラゴンの巣穴のようだ。何かお宝を見つけられるかも?

結論

1篇の日記:荒野の中を歩いているんだけど、これを見ろ!巨大なドラゴンの巣穴で見つけたのは…懐中電灯?俺はそういった物語をかなり本気にしていたようだ。

 

学問探求の道

お前は大学に行くべきだと、父はそう言ったんだ。

結論

1篇の日記:学校は嫌いなんだ。冷酷で打算的な奴らばかりだから。

 

ロシアンルーレット

私はここを愛している。色鮮やかで、多様性に富んでいるのだ!全員が親しい友人みたいだ!

結論

1枚の勘定書:尊敬なるカート・フランク様。謹んで申し上げます。今週金曜日迄に700英ポンドの債務をお納めいただきますようお願いいたします。延滞金には複利計算の月利が請求されます。

 

嘘つきの始まり

兵営の日々が懐かしいな。正確に言うと、兵営で出会った人たちが懐かしい。

結論

1枚の写真:若かりし頃の冒険家は新兵の制服を着ている。彼は痩せて弱々しく、どんよりして見える。

 

人の心を癒す物語

どうして自分が見たことを話さないんだ?ひょっとしたら、みんなが喜ぶかもしれないじゃないか。

結論

1枚の写真:若い冒険家が1冊の旅行記を夢中で読んでいる。

スポンサーリンク

完璧な演説

有名な冒険家は皆すごい語り部だ。そうでなければ、伝説話はどうやって伝わってきたというんだ?

結論

1枚の写真:軍服を着た冒険家が、喜色満面で人々に何か話している。誰しもが夢中になっているみたいだ。

 

英雄になる

真の英雄は仲間を見捨てたりしない。

結論

1篇の日記:あいつらは俺をバカにしている。俺が役立たずだとでも思っているのだろう。俺は、やつらが間違っていたと証明しなければならない。

 

自意識

嘘も千回言えば本当になる。少なくとも、独り言を言っている時はそういうものだ。

結論

1篇の日記:それは…俺の経歴。俺の「本当の」経歴だ。俺は、正真正銘の冒険家だ。

 

行く手を阻む「ドラゴン」

この巨大で丈夫な牙を持つ…ドラゴンよ!この冒険家の歩みを阻むことなんてできないぞ!

結論

実は見間違いだったのかもしれない。

 

現実逃避

人生の真相を知ってしまっても、お前はそれを心から愛することができるか?

結論

1篇の日記:ここから離れたい。どこに行こうが構わない。ただ、この学校から離れることさえできれば。

 

機転

冒険家として、危険を回避しなければならない。

結論

1篇の日記:俺は昔、近距離でバスク人とマンチャ人の戦争を見た!あれは本当に壮大な戦闘だったんだ!もちろん、俺は無傷でその場を離れたさ。

 

ガリウァー旅行記

魔法の本!

結論

1篇の日記:不思議な光景だ…この本を読んでいると、周りのすべてが拡大したように見える。

 

うわさ

冒険家うわさ

彼は帆船でイギリス海峡を横断し、熱気球に乗って森林を飛び越え、たくさんの奇妙な国々を訪れた…カート・フランクの生活は、旅行記と同じくらい素晴らしい!

スポンサーリンク

解釈

  • 学校が嫌いだった
  • 借金があった
  • 兵士だった…?

ちょっとこれだけだと冒険家のストーリーが全くわかりませんでした。すみません!

もしこうかもしれないみたいなのが分かる方は教えていただけると嬉しいですヽ(´ー`)

追記:コメントでとてもわかりやすく説明してくださりました!冒険家の解釈は匿名のマンボウさんのコメントを見てみてください!

本当の冒険家ではないのでしょうね。いじめられたり、借金があったりしていたひ弱な男が、ある冒険家の日記?本?のようなものを読み、感化され、いろんな壮大な冒険を、あたかも自分がしたかのように人に話し始めた。周りはそれを楽しそうに聞いている。

そして、「嘘も千回言えば本当になる」
彼は、冒険家、なのでしょう。

 

【アイデンティティ5】全キャラ背景推理まとめ!【第五人格】
アイデンティティ5第五人格の全キャラの背景推理をまとめました!

コメント

  1. 匿名のマンボウ より:

    本当の冒険家ではないのでしょうね。いじめられたり、借金があったりしていたひ弱な男が、ある冒険家の日記?本?のようなものを読み、感化され、いろんな壮大な冒険を、あたかも自分がしたかのように人に話し始めた。周りはそれを楽しそうに聞いている。

    そして、「嘘も千回言えば本当になる」
    彼は、冒険家、なのでしょう。

  2. ちゃきちゃき より:

    すごく納得できました!とってもわかりやすい説明をありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました