アドセンスの審査が通らないときの見直すべき5つのポイント

スポンサーリンク
海グーグルアドセンス
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

最近はグーグルアドセンスの審査も難しくなってきているようで、通らない人が増えてるそうですね。

わたしも昔、いちど挑戦したけどその時はよくわからなくて挫折しましたが、今回無事審査に通ることができました。

なのでわたしが通りやすくなるポイントを書いてみたいと思います。

ただしわたしはグーグルの社員ではないので絶対あっているというわけではありません。アドセンスのポリシーなどを読んでおそらくこうしたほうが受かりやすいということを元に書いていきます。

 

 

見た人の役に立つ文章かどうか

この犬かわいい(●´ω`●)あとたこ焼き食べました。みたいな記事じゃあだめです。

 

むかしは日記でも通ったそうですが、今アドセンスに受かりたいなら役に立つ情報を盛り込むべきです。

 

例えば、犬かわいいっていうのを書きたいのならまずその犬の写真、どういう犬の種類なのか、毛の色毛の長さや人なつっこいのかなど、かわいいなら何がかわいいのかぴょんぴよんはねててかわいいのかすやすや寝てて可愛いのか私の後をついてくるのがかわいいとか詳しくかけるところはたくさんあリます。

 

ただかわいいだけより役に立ちそうな情報を書き足しましょう。

 

そして、役に立つにもいろんな役に立つがあります。

 

例えば、

  • 知らないことを新しく知った。
  • できないことができるように解説してくれた。
  • 難しくて理解できなかったことを画像付きでわかりやすく解説してくれた。

などももちろん役に立ちますね。他にも

  • 見ておもしろかった。
  • 見たら癒やされた。
  • 見たら元気が出た
  • 見たら頑張ろうと思えた

等も役に立つ文章です。

 

独自ドメインで運営してるか

はてなの無料ブログやseesaaシーサーブログやアメブロは***.example.jpのように米印のところにその会社のドメインが使われています。

これをサブドメインといいます。

 

むかしは審査のときにこのようなドメインでも良かったそうですが、いまは独自ドメインでないと審査には通らないです。

 

ある程度のPV数があるかどうか

審査にはある程度のPV数つまりサイトを見てる人が必要です。といってもわたしの場合は1桁でも受かりました。

アドセンスは広告をしてくれる広告主あってこそのアドセンスなので誰も見てないサイトに広告は出さないですね。

他にもちゃんとサイトが表示されてないこともあるので自分で自分のサイトを検索してみて表示されているかも確認してください。

 

 

アドセンスプログラムポリシーに違反していないか

アドセンスポリシー

詳しくはここに書いてありますが、アドセンスのポリシーに違反しているとまず通りません。

 

・コンテンツの内容にだめなものがないか

 

Google 広告が掲載されるページには、以下を含めることはできません。

  • ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
  • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ
  • 過度に下品な言葉使い
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ
  • 不正なソフトウェアやアドウェア
  • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
  • アルコール飲料のオンライン販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方薬の販売
  • 武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
  • ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

 

ここに書いてあるような内容はまず審査には通りません。

 

・著作権に触れてる記事はないかどうか

 

著作権法で保護されているコンテンツを含むページには、AdSense サイト運営者様がそれらのコンテンツの表示に必要な法律上の権利を有していない限り、Google 広告を表示することはできません。これには、著作権で保護されているコンテンツを直接掲載しているページ、著作権で保護されたファイルを提供しているページ、著作権で保護されたコンテンツを含むページへのリンクを掲載しているページが含まれます。

著作権に触れるような記事はないか慎重に確認してください。

 

・グーグル広告のクッキーについて記載してるかどうか

 

AdSense サイト運営者様は、ウェブサイトに広告を掲載することで、そのサイトを訪れたユーザーのブラウザに第三者が Cookie を保存したり、保存された Cookie が第三者によって読み取られたり、第三者がウェブビーコンを使って情報を集めたりする可能性があることについて、これを明示するプライバシー ポリシーを掲載し、その内容に準拠していただく必要があります。詳しくは、サイトのプライバシー ポリシーの記載方法に関する説明をご覧ください。

 

プライバシーポリシーを記載する必要があります。

私もプロフィールの下の方にプライバシーポリシーを記載しています。参考にしてください。

 

プロフィール
自己紹介 プロフィールを見ていただきありがとうございます。 ちゃきブログを運営しているちゃき、といいます。 ゲームやアニメが大好きです。ちっちゃい頃ゼルダの伝説やファイナルファンタジーの攻略本を読んでいる時によく体の体...

再審査の申請には時間をあける

一度不承認になると紐づけされるので、すぐに再審査をしても機械的に落とされてしまいます。

この紐づけが解除されるのにだいたい2週間と言われています。

人によっては4週間つまり1ヶ月必要という人もいます。最低でも2週間は開けてから再申請してください。

 

アドセンスに受からないときの対処法まとめ

・見た人の役に立つ記事を書く

・独自ドメインで運営する

・ある程度のPVが取れてから申請する

・アドセンスポリシーに違反しないように注意する

・再審査は最低でも2週間あける

 

これを意識してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました